So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

安全なパスワードを作る [PC]

「password」「abc123」「123456」――実は多い安直なパスワード:PC online
「推測されやすいパスワードは危険」、セキュリティ企業が注意喚起

ニュージーランドにあるオークランド大学の研究者ピーター・ガットマン氏が、フィッシング詐欺で集められた2GB分のパスワードを分析したところ、ほとん どが安易な文字列だったという。例えば、「password1」「abc123」「myspace1」「password」「qwerty1」 「123456」「soccer」などが多かったとする


Webメール、SNS、ブログ、とWebサービスが日常生活に。そうなるとパスワードを使う場面は増える一方だ。困るのがパスワードの生成と管理。辞書に載っているような単語はダメ、というのは判っていても無意味な文字列は作りづらい。つい、安易に決めてないだろうか。

困ったときはWebを探せ。そのまんまの名称だが、「Password Generator」があった。パラメータをセットしてボタンを押すだけで、一気に100個のパスワードを生成してくれる。

ただし、使うときは要注意!生成されたパスワードは暗号化されずにネット回線を通ってきていると言うこと。また、サーバーで保存されているかもしれない。文字列を入れ替えるなどのアレンジは必須だろう。


http://www.graviness.com/temp/pw_creator/


自動暗号化USBメモリー [PC]

USBメモリーによる個人情報流失事故が後を絶たない。

大企業では、個人パソコン・個人携帯やUSBメモリーなど情報を記録できる媒体の使用が制限されている。数ギガバイトの容量が手軽に持ち運べるUSBメモリーは管理者から見ると使わせたくないものだ。

  • フロッピーディスク  (1.44MByte)
  • CD-R (700MByte)
  • USBメモリー (2GByte~8GByteが主流)

内容が暗号化されるUSBメモリーだったら流失対策になる。ただし、「自動」がキーワード。普通にファイルをコピーするだけで暗号化してくれるハードウエア暗号化対応のものを選ぼう。いちいちソフトでファイルを暗号化するのは面倒くさいし、そのうち暗号化しないでそのままコピーしてしまうかもしれないから。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。